2006年09月19日

乖離

今日は2冊のフットボール本を紹介致します。

其の@

ベストシーントッティ.jpg

「サッカーベストシーン6 トッティ」
これはもう、マジでオススメとかではないですが(笑)トッティの魅力がたっぷり詰まった本です。
今現在、本当の意味でバンディエラと呼ばれるプレイヤーは、マルディーニとデルピエロとラウル・ゴンサレスとそして我等がトッティくらいですよね。
この4人の中でトッティが他の3人と決定的に違う点、それはチームがメガクラブでは無いという事です。
そんなローマに恐らく現役生活の全てを捧げることを決めたトッティ。
それだけでも大好きなんですが、彼の魅力はその人間らしさにあると思います。
色々と問題も起こすその性格ですが、ローマの人が彼のことを心底愛しているのはそういうところだと思います。
スター然としたところが全然無くて、隣のアンちゃん感覚でサポーターが普通に声を掛けられる親しみやすさを持っているそうです。

スーパープレーの解説から、精神面の幼さまで、良い所も悪い所もきちんと紹介している本。オススメです。



其のA

サッカー批評32.jpg

「サッカー批評32 日本サッカー批評」
ドイツワールドカップでの日本代表の惨敗について、総括、批評、している本です。
本当にこういう本を待ってました。
ワールドカップが終って2ヶ月経って、日本のサッカーシーンはすっかりオシム一色。
このタイミングでこそ生きる、素晴らしい内容です。
特に目を引く記事として、基本的に全部良いんですが、

・丸裸にされて迎えた6.12の悲劇
・土肥洋一が体感した代表の内実
・トルシエの語る「ジーコとオシム」
・田嶋幸三 戦後の述懐
・8.9国立デモの衝撃
・日本サッカーメディア批評

などでしょうか。
どの記事も、ジーコジャパンの反省とこれからの日本サッカーについて愛情たっぷりに批評されています。

この本の中で良く出てくる言葉に「乖離」があります。

  乖離(かいり)・・そむきはなれること。結びつきがはなれること。

ジーコと選手の乖離
日本サッカー協会とサポーターの乖離
代表ファンとJリーグサポーターの乖離
A代表とそれ以下の代表の乖離
海外メディアと国内メディアの乖離

こうした現実にほとんどの人が気づかないまま、また、論じないまま日本代表はドイツワールドカップを迎えてしまいました。
そして結果は、みなさんご存知の通りです。
この本は、そのことについて真正面からぶつかっていっています。
テレビや新聞ではなかなかできない内容を正々堂々と論じています。

失敗の原因を「乖離」という言葉一言で表すことはもちろんできませんが、要因の一つとしてこの言葉を上げることは可能だと思います。
「乖離」の対義語はなかなか難しいのですが、敢えて言うなら「融合」でしょうか。
これからの日本サッカーを成功へ導くための1つのキーワードになるかもしれません。

サッカーファンの全ての日本人の方へ、是非読んで頂きたい一冊です。

posted by akasan at 01:03| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ローマ熱が・・・

川崎フロンターレ3−4ジュビロ磐田

激しい雨の中、激しい試合になりました。
選手は本当によく戦っていて、熱い試合を見せてくれました。
負けちゃったなぁぁ。
我那覇2ゴール、ジュニ1ゴール。
普段なら完全な勝ちパターン。しかしジュビロは強かった。
福西、太田、川口にやられましたねぇ。
憲剛とマギヌンを外したうえでの敗戦で関塚監督に批判が集中するでしょうが、
これはもうしょうがない。
今後、この批判を跳ね返して結果を出していってもらいたいと思います。

そしてローマはセリエAの第2節、無事に勝利したようです。
「ようです」ってのは
フロンターレが負けてがっくり来ちゃって、
試合見てはいたんだけど、全然気持ち入らなくて、途中でうとうと・・・
まあシーズン開幕直後ってことで試合のレベルもテンポも決して高くないので
あんまり面白い試合とは言えないんですけど、
にしてもマイフットボールは完全にフロンターレを中心に動いています。
プレミアシップビッグカード2連チャンもチェルシー戦はほとんど見てませんし
ユナイテッドガナーズは今見てるけど、あんまり心動かされませんね。

気分転換のためになんか映画でも見てから寝るかなー。
posted by akasan at 01:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

一段落!なのか?w

仕事の方が一段落ついたらしく、
来週からはちょっとは落ち着くらしいんだけども
どうなるのでしょうか。

ってことでなんやかんやあって今日の等々力も結局断念。
次に見に行けるのはいつだろう。。。

まあゆっくり生テレビ観戦できるだけでも良しとしなくては。
と思っていたら、なんと中村憲剛とマギヌンが先発じゃない!
ターンオーバー?
水曜日にはジェフとの運命の2nd legがあってそれを睨んだものなのかもしれないけど、
にしてもいつも全力投球の関塚監督がリーグ戦でこんなことをするとは。
今野と原田にはこのチャンスをしっかり生かしてもらいたい!
ファンサカ的には痛いけどw

それから今夜はローマ戦ももちろんのこと
プレミアシップが大変なことに!
チェルシーvsリバプール!
マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル!
このビッグカードを同じ週にやるとは!
ビール何本あっても足りんぞーw
posted by akasan at 17:53| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

日本代表の障害

vsサウジアラビア
vsイエメン

どちらも見ていて胸が痛くなる試合でしたねぇ。
サウジ戦は、気温35度、湿度85%という聞いただけで逃げ出したくなるような環境。
イエメン戦はデコボコのピッチに薄い酸素。
この状況で、本当に選手はよく頑張っていたと思います。
我那覇が決めてくれたってこともあって、イエメン戦を見終わった後は泣きそうでした。

それにしてもムカツクのはサッカー協会ですよ。
水曜日にJリーグがあって、その週末に中東で代表戦があって、
3日後の水曜日に代表戦があって、週末にJリーグ。
もうね、アホかと。選手殺す気か、と。
こんな悪条件で戦わされているのに、サウジに負けただけで早速オシム批判をするマスコミって信じられない。

俺がジーコの手腕に魅力を感じなかったからオシムマンセーになっているわけではないし、オシムが監督になったから日本代表が強くなると短絡的に信じているわけでもない。
きっとこれからも結果はなかなかでない気がする。
でも、オシムの言葉にはやっぱり説得力があるし、選手の意識改革も進んでいるように見える。
日本サッカーの改革、というか原点回帰は始まったばかり。
もう少し温かく、協力的な姿勢で見守ってもらいたいものである。

で、そのために1番障害になりそうな人がいる。
「ジーコの解任考えた」
「ヒデ無視されていた」
ホント何考えてるの、この人。
なんで今更こんなこと言うの?
ジーコ時代の反省をするならもっとちゃんと分析して前向きなことを言いなさいよ。
ホントむかつくわー。

posted by akasan at 02:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

下を向かないで!

日曜日開催ナイス!ということで
参戦してまいりました等々力!

今シーズン3試合目となるジェフとの戦い。
もうね、ほんとジェフとの試合は
やってる選手達はもちろんだと思うけど、
見てる方もめっちゃくちゃ疲れますw

連戦連戦でさすがにいつもよりは走れてなかった両チーム(特にフロンタ)。
前半11分に必殺の高速カウンターからジュニのテクで先制し、
これは行けるか!代表組3人いないジェフには負けられんぞ!
と思って折り返した後半は完全にジェフのペース。
走りでも気迫でも押されてましたねぇ。

何度も何度もピンチを招き、相澤のナイスセーブとポストに助けられたりしながら迎えた後半30分。
恐れていたアウェイゴールが生まれてしまいます。
ゴール前で水野とパス交換した坂本のシュートを相澤が痛恨のキャッチミス。
このあたりから試合は荒れ模様に。
両チームの選手がピッチに倒れこむ場面が多くなります。
そして34分。ショートコーナーを受けた水野がミドルシュート・・・
これがフロンタゴールに突き刺さってしまいます。
一瞬何が起きたか判らなかったんですが、失点したことだけは確実。
しかし我らサポーター軍団は落ちこむことなく応援の声を強めます!

攻めまくるフロンターレ。
引きながらも中盤からしっかりプレスをかけて守るジェフ。
そして事件はロスタイム。
コーナーキックから飛騨がヘッドですらしたボールがボールが
ゴール前のジュニへ!一度はポストに嫌われますがもう一度押し込んで同点!!
更に攻めるフロンターレ。
ケンゴのフリーキックをゴール前で合わせようとした佐原と競ったストヤノフが交錯。
そして両者がぶつかり合い、そして両チームの選手入り乱れて乱闘状態へ・・
スタンドからはよく判らなかったんですが、結構長い時間混乱が続きました。
結局佐原が1発レッドで退場。
あとからテレビで見返してみると、ストヤノフが仕掛けてるようにも見えます。
このまま試合はタイムアップ。
後味が悪い試合になってしまいましたが、興奮するサポーターをしっかりなだめていた華族(川崎コアサポグループ)の皆さんはグッジョブです。

うなだれながらサポ席へ挨拶に来たフロンタの選手達。
サポーターは温かく迎えます。
ほぼ下を向いていた選手達。
でもね、下を向く必要なんてありません!
次、勝ちゃあいいのよ!
今日の試合だって、決して恥じる内容じゃなかったし!
全然大丈夫だよ!

1週間休んで、次はリーグの神奈川ダービー。
キツイ日程が続きますが、怪我だけはしないように選手達には頑張ってもらいたいです!

Mind-1! フォルツァ!フロンターレ!


「おまけ」
今日目立っていたのは、もちろん2得点のジュニーニョと、
攻撃に守備に大貢献した左WBのマルコン。
左足のクロスも独特なんだけど、守備も独特の上手い守り方をするのよね。
気迫も感じさせてくれるし、間の取り方も判ってるし、欠かせない選手です。

posted by akasan at 00:10| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

苦しい戦いだった・・・

J1第21節。vsジェフ千葉。
いやーホントに苦しい苦しい試合でした。

仕事サボってネット中継で見てたんだけど、
前半早々にケンゴのファインミドルで先制したまでは良かった。
しかーし、その後はジェフの運動量にたじたじ。
6節の等々力での試合も消耗戦になったけど、今回も選手は大変だったろうなぁ。

前半で追いつかれてしまって、今日は引き分けで御の字かなぁと弱きになってしまいました。
ジュニーニョが出場停止の中、代役で出たスーパーサブ黒津が一生懸命走ってはいたけども、
やはりカウンターのキレは普段の迫力を出せませんでしたね。
後半、ジェフペースで試合は進み、
失点だけは勘弁!!!と思っていた終了間際!
U−21代表候補!谷口博之!!
後半、ハッキリ言ってケンゴも我那覇もイマイチだった中で
ゴール前に居てくれましたよ若きスーパーボランチが!!

いやーーー、こういう試合を勝てたのは本当に大きいと思います。
現地で見たかったなぁぁぁぁ。
ジェフとは今度の日曜日にもナビスコの準決勝1st legで当たる訳ですね。
ここは等々力参戦しますよ!!!
来週の神奈川ダービーアゲインは土曜日で絶対無理なので、
今週末はじけるぜい!!

ケンゴ、代表呼ばれてしまうのでしょうかねぇ。
そうするとナビスコ出られないわけで。
でも代表にはもちろん入ってほしいわけで。
う〜〜〜ん、贅沢な悩みだ・・・汗
posted by akasan at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

なんだかんだ1週間

いやいやいやー。
休みの1週間早いですな。
月曜日に病院に行って薬もらってきたんだけど未だに咳収まらず。
ううむ。

そんな中、水曜日の等々力「vsグランパス」と
今日土曜日の熊谷「vsアルディージャ」観に行ってまいりました!

この2試合の前のフロンターレはと言うと、
神奈川ダービーでマリノスと引き分け、新潟でアルビレックスに負け、
ちょっと夏の疲れが出ちゃったかなーって感じだったんですが、
水曜日、久々の生フロンタ!サイコーでした!4−2の快勝!

咳が酷くてあまり声が出せないこともあって、
最初は2階席でおとなしく観てたんですけど、前半終わって3−2。
攻守の切り替えが早く、めまぐるしい展開の中5つのゴールが生まれテンション上がる上がる!w
グランパスのヨンセンが怖い怖いw
というわけで居ても立っても居られなくなり後半はゴール裏の立ち見ゾーンへ!
めっちゃ咳が出て死にそうになりながら声出してきました。
おかげさまでジュニの駄目押しゴールを目の前で見て、大満足。
2点取られてもなんのその!その倍の4点取ってやりました!
これぞフロンターレ!!


さあそして、行ってまいりました!初アウェイ!

熊谷!

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場! ながっ!w
もっと普通に味スタとか日産スタジアムとかになるかと思っていた初アウェイ。
なんと熊谷でしたwなんで駒場じゃないのよ!アルディージャ!
遠いじゃないのよ!w
熊谷。陸上トラックがありながらも、意外と観やすいスタジアムでした。
キレイだったしね。ただ、売店が酷かった。1つしかないの、アウェイ側に。
ビール1つ買うのに15分くらいかかったね。アウェイの洗礼だわな。

RIMG0046.JPG

まあ試合は、これがまた!5点快勝ですよ!
もうなんつったって、ケンゴ祭りですよ!
ジュニも我那覇もマギヌンもマルコンもみんな良かったんだけど、
中村憲剛最高です。帰ってきてから知ったんですけど、オシムさん来てたらしいじゃない!
ケンゴいよいよ呼ばれるかなー。楽しみ楽しみ♪
後ね、この2試合観てて、ディフェンスの佐原が非常に良かったのね。
川崎山脈と言えば、伊藤ヒロキ、箕輪、寺田シュウヘイの3人がお馴染みなんだけど、
シュウヘイが怪我してまして、佐原が代わりに入ってるわけですが、
なかなか目立ってアグレッシヴな守備をしておるんですよ。
控えの選手が活躍してくれると、ホント嬉しいやね。

ガンバとレッズはなかなか負けないけど、
なんとか食らいついてってほしいやね!
来週から仕事再開して今度いつ見に行けるか判らないけど、
バモカワサッ!ですよ!

RIMG0053.JPG

非常に読みにくい長文、失礼致しましたm(__)m
posted by akasan at 02:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

初国立競技場!

意外とちっちゃいのね。国立って。

さー観て来ましたよ。オシム監督初陣!
写真とか撮るの完全に忘れてたw

何が凄かったって、オシムの人気ね。
試合前のスタメン発表の時に1番歓声が大きかったのが監督ですから。
やっぱみんな判ってるじゃ〜〜んって思ったね。
仕事場とか友達とかで、あんまりサッカー知らない人に
オシムってどうなの?とかオシムってどこが凄いの?とか
よく聞かれてたから、とりあえず一安心。

えー、試合なんですけど。
下のハルさんの書き込みとは裏腹に、
「まあ、こんなもんでしょう。」と言う冷めた感想でした(^^;)

それには理由がいくつかあって、まず座席がホーム側だったんですね。
で、前半の良い時間帯は反対側に攻めているわけですよ。
イマイチ細かいところが良く認識できなかったんだな。
家でテレビで見返したらかなり面白かったけども。
後半は残念ながらグダグダとまでは言わないけどあまり見せ場なかったでしょ。
それで印象が非常に悪かった。

もう1つの理由は、
これはホントにワガママな理由なんだけど、
俺がフロンターレファンで、一緒に見に行ってたのがFC東京ファン。
まぁ、ROTAさんなわけだけども。
ガナが良くなかったでしょ。(現場ではそう見えた。)
で、今野が怪我で出られなかったでしょ。
そして極めつけが2人ともアンチレッズなわけですよw
ホントJリーグファンはわがままだなぁw

まあでも、オシム監督のコメント。
「明日はエレガントな試合にはならない。」(前日)
「短期間でチームを完成に近づける最も簡単な方法は、一定のグループの塊を同じJリーグのチームから選んでしまうことだった。」(試合後)
ってことで完全に納得してます。はいw
なので試合直後はちょっと冷めてしまいましたけど、
今は大満足です!

そうそう、試合前の練習が凄くて、
とりあえずコンビでパス交換。とかじゃなくて、
いきなり攻撃陣と守備陣に分かれて実戦形式の練習ですよ!
これは鳥肌立ったったw

超個人的にこの試合で合格点を与えられるのは(何を偉そうに!w)
鈴木啓太、三都主、闘莉王、隼磨、駒野、山瀬、川口、寿人
かな。特に啓太ね。
もうちょっとやれるでしょ!なのは
ガナ&大悟
???なのは、坪井。

特にガナは、身内だってことで厳しく見てるかもしれないけど、
もっともっと走りなさい!
後先考えずに走って打ってぶつかりなさい!
イエメン戦、巻が濃厚かもしれないけど、
もしチャンスをもらえたらフロンターレ魂を見せつけてほしい!

でもでも記念すべきオシム監督初戦を生観戦出来たってことは
すっごく貴重な事だと思うので、
これからも代表戦は出来るだけ足を運んで、
南アフリカまで付いて行きたいぞ!!!って思いましたです。



さーーーて、明日の夜は時間無いから、
今のうちにファンタジーサッカーの編成しないと・・・

今節からリセットされて後半戦の始まりなので、
まだやってない人!
始めるなら今がチャンスだよ!!

ファンタジーサッカー公式ページ
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/index.html
ファンサカ研究室
http://soccer.sub.jp/
Jリーグファンサイト J's GOAL
http://www.jsgoal.jp/
Jリーグスタメン予想さん お世話になってます!w
http://www.geocities.jp/fig_keispu/sutamen.html
ワタクシのチーム編成
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/profile/kt_manma

posted by akasan at 05:27| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

初陣!!

さあさあさあ、いよいよオシム体勢の初陣が来ましたね!
国立で一緒に闘ってくるよ!

日本代表の試合がこんなにドキドキするのは初めてなんじゃないだろうか。
もちろんワールドカップ過去3大会とも楽しみではあったんだけど、
ワクワクドキドキな緊張感ってあまり無かったような気がします。

今回は、本当に楽しみ!
オシム監督の記事を読むたびにドーパミン出まくり!
ジーコジャパンの反省と、オシム就任のグレーゾーンが解消されてないのは
大問題だけど、
やっぱりいざ試合になってしまうと・・・
正直スマンw

「エレガントな試合にはならないだろう。」
とオシム監督は仰っていますが、
今からそんなことは望んでいません!
まずは、新しい息吹と選手達のやる気が見られれば充分!

頼むぞガナこと我那覇!!そして19人の戦士達!!

台風なんてへっちゃらだ〜〜〜〜い!!

posted by akasan at 05:53| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

ファンタジーサッカー14節

今更ながら反省。

ファンサカ14節.jpg

酷いね。
まあフロンターレが負けた時点で諦めるしかないんだけどw

今日の15節は対象外試合だったので
週末のトリニータ戦が前半ラストの節。
昇格は無理ですね。ま、途中から始めたしね(言い訳w)
次節ももちろん川崎心中!
でも遠藤は使いたいなぁ。

なにはともあれフロンターレは
修羅場3を2勝1敗で乗り切りましたが、
ここでトリニータに負けてちゃなんの意味もないからね。
勝つよ!!
posted by akasan at 02:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首位奪還!

さ、フトンもフカフカだし、等々力話しよ。

アバンテ〜おおカワサキ〜
ラ〜ラ〜ララ〜ラ〜ララ〜〜ラ〜〜〜

みなさまお馴染み、フロンターレが勝つ寸前に歌う曲であります。
trfのCRAZY GONNA CRAZYに合わせてどうぞw
先制され、逆転して、追い付かれ、突き放す!
最高じゃありませんか!

しかっし前半は非常に出来が悪かった。
先週のレッズ戦がアタマによぎりました。
ボールがつながらない。
まだ0−0なのに、どこか攻め焦っているように見える。
ガンバの家長と二川をフリーにさせすぎで何度もピンチが訪れる。
なーーんかチグハグ。
遠藤にビューティフルフリーキックを決められ0−1で終了。

このままじゃまずいと思っていたら!
後半は動きが一変!
人が動きボールが来る!
全員が猛ダッシュでボールを奪いに行き全員がしかける!

決勝点を奪ったのが、新加入のマギヌンだってのが良いですよ。
ラララララ〜マギヌンゴ〜ル〜
マギヌンゴ〜ル〜オ〜オ〜オ〜オ〜
マギヌン表彰.jpg
↑は試合後のマギヌン表彰式。スイカもらってましたw

いやでも、ホント良いゲームでした。
ガンバにもめちゃくちゃチャンスあったし、
フロンターレが勝てたのって、ツキの部分が多いのは事実。
でもここで勝てたのは本当に大きい。
だって首位奪還だし、前節完敗だったからそのショックを振り払ったし、
平日なのにお客さんたくさん入ったし、マギヌンゴールだしw
Gゾーン右.jpg

Gゾーン左.jpg

大満足の等々力でした!
posted by akasan at 02:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

気になってた!

先日のワールドカップ準決勝、ポルトガル−フランス戦で
クリスティアーノ・ロナウドに対してのブーイングが凄かったですよね。
ボール持つたびだし、試合の最初からだったので気になってたんです。
その答えは、

スカパで御馴染み中田徹さんのコラム

うーん。確かにロナウドも大人げなかったけど、ちょっと厳しすぎないかい。
あと、NHKの実況でも言ってましたが
「ポルトガルは汚いプレー(ファールとか時間稼ぎ)が多い」って。
そうかなぁぁ。
オランダ戦はどっちもどっちだし、
時間稼ぎはポルトガルに限らず、どこもやってる事だし(日本除くw)
なんか僻みにしか聞こえない気がするのは俺だけ?
ま、ヨーロッパ全体的にイングランドの人気が高いんでしょうな。
俺はフェリポンってめちゃくちゃ優秀な監督だと思うし、
パウレタの不調もあって決勝Tに入ってから得点少なかったけど、
ポルトガル代表って良くまとまったいいチームだと思うんですよね。

きっと3位決定戦でも大変な逆境に置かれちゃうんだろうなぁ。
冷静な予想をするとドイツが圧倒的に有利だと思うけど、
是非是非ポルトガルには頑張ってもらっていい試合を見せてほしいです。

そんな3位決定戦ですが、
なんと!上川さんが主審に選ばれたんですね!
素晴らしいことです。
是非この経験をJリーグに良い形でフィードバックしてもらいたいな。


そしてそして、ブルー対決となった決勝戦についてこんな記事が。
ユニはイタリアが青、フランスが白。
アッズーリを貫くことができましたね。
結局首のところが変な2ndユニは本大会では着用なしでした。
ま、個人的にジダンの白ユニはとても似合ってると思うので
いいんじゃないかなw

それから
アディダスモルテンの決勝戦用ゴールデンボールがいよいよお目見えですなw


あ〜あ、シャラポワ負けちゃったなぁ。
ネット際のプレーがことごとくダメでしたね。
2セット目取り返したときは、コレはいけるか?って思ったけど、
ランキング1位の女ランボーはさすがでしたw

posted by akasan at 06:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

W杯決勝T準決勝雑感

ドイツ0−2イタリア
アッズーリを応援している人にとっては歓喜の試合!
ゲルマンを応援している人にとっては悪夢の試合でしたね。

それにしても凄かった、ドイツの応援w
イタリアがボール持つだけで物凄いブーイング。
しかもヴェストファーレン(ドルトムント・ワールドカップスタジアム)は
ピッチとスタンドが近いからねぇ。それはそれはやりにくかったんだろうな。
その歓声に動じずに守りきったイタリアはやっぱり凄い。
何度も書いたけど、カンナバーロとブッフォンは世界最高でしょう。
相変わらず絶好調のピルロ。どこにでも顔を出すガットゥーゾとペロッタ。
冴えまくってるリッピ采配&イアキンタ!
そして今アッズーリのラッキーボーイ!グロッソ!
この一体感はなんなんでしょうか。
ホントPKにいかなくて良かったよねぇ。

対してドイツは、
お世辞でも慰めでもなくて、
大会期間中に素晴らしいチームに成長したね!
準決勝まで来てやっと見つけられたドイツの強さの秘密は
中盤の選手のフリーランニングにあると思いました。
攻めに入った時に中盤の選手が誰かしら必ずバイタルエリアでフリーになってるんだよね。
とてもシンプルなことなんだけど、
バラック、ボロウスキ、シュナイダー、ケールの4人が
フリーになるスペースを見つけて確実に入っていく。
それを初めからしつこく繰り返していくことで、
めっちゃ惜しかったクローゼの中央突破が生まれてくる、みたいな。

クリンスマンの続投も決まったみたいだし、
(ベッケンバウアーが手の平返しでベタ褒めだったのは笑ったけど)
2年後のユーロは若い選手も成長するだろうしホント楽しみですな。
3位決定戦は粋な計らいでカーンが守るらしいし、圧勝じゃないですかね。

北朝鮮のせいで集中力を欠かされたけど、
本当にベストゲームをありがとう!


ポルトガル0−1フランス

うう〜〜ん。あまりにも素晴らしいゲームが続いていたから、
ちょ〜〜っと物足りなかったなぁ。贅沢だよねw

ポルトガルはパウレタの不調がイングランド戦に続いて響いたねぇ。
ってか、なんでヌーノ・ゴメスを使わなかったんだろうか。
ポスチガは準々決勝でも全然ダメだったじゃんねぇ。
確かにあのPKは微妙だったけど、
ポルトガル攻撃陣がフランスの強固なDFを崩せるようには思えなかったな。
それにしてもリカルドは凄いね。完璧に反応してたもんねぇ。
その更に先を行ったジダンのキックももちろん凄いけど。

対するフランスも、スペイン戦ブラジル戦で見せてくれたような
圧倒的な気持ちの強さはほとんど見られなかったねぇ。
さすがに疲れがあったのかな。
ドイツの強さに続いて判らなかったフランスの守備の強さなんだけど、
この試合でもイマイチ判らなかったw
でもこの謎の守備力を打ち砕くイタリアが見れるということでw

いよいよあと2試合。寂しすぎるよ。。

あ、でもシャラポワ見ないと!!w

posted by akasan at 23:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

W杯決勝T準々決勝雑感

いやーもう7月ですね。
ワールドカップもあと4試合。
寂しいなー。

ドイツPK1−1アルゼンチン
アジャラのど根性ヘッドで先制したものの、
その後は、全ての流れが開催国に傾きましたねぇ。
アボンダンシエリの負傷。守備的交代。クルスの投入。
ペケルマン監督は相当後悔してるんじゃないかなぁ。
リケルメ交代は後ろ向きだったよなー。
ユーロ2004のオランダやイングランドのように、
普段守備的な戦い方に慣れてないチームが守りの交代をして逃げ切ろうとすると
大抵失敗するんですよねぇ。
サビオラもメッシも使えずに敗退。辛いねぇ。

一方ドイツは、ここまで見ていて具体的にココがいい!ってのが
さっぱり判らないんだよなぁw
バラックとかシュバインシュタイガーとか絶好調時よりはパッとしないしねぇ。
でもドイツに点が入るときって何故か相手ディフェンスにぽっかり穴が開くんだよね。
なんでなんでしょw
これが開催国パワーなのかなぁ。
ま、どっちにしろココまでですよ。アズーリが倒すからね!


イタリア3−0ウクライナ
トッティが落としてザンブロッタミドル!御見事!
ウクライナは元気なかったねぇ。
シェバもちょっと気の毒でした。
でも初出場でベスト8。これはホント素晴らしい成績だよね。
アズーリの快進撃は予想外の嬉しいサプライズ。
支えてるのは何と言ってもカンナバーロ。
前も書いたなw
だって今大会の失点はオウンゴールの1点だけだからね。
ドイツに勝とうぜ!ピッポが見たい!
優勝あるぞ!


イングランド0−0PKポルトガル
イングランドは結局1つも良い試合見られなかったですな。
折角ハーグリーブスがめちゃめちゃ良い動きを見せていたのに
攻撃がダメダメでしたねぇ。
確かにオーウェンの怪我とランパードの絶不調は響いたけど、
それにしてもFWの駒が足りなすぎ。
エリクソンのミスでしょうね。
PK戦後、泣いている選手に声をかけている姿は立派でしたが。

対するポルトガル。
この日はフェリポン采配もイマイチでしたが(ウーゴビアナとかウーゴビアナとかw)
イングランドの自滅に助けられた感じかな。
まあでも正直ポルトガルがベスト4まで来るとは夢にも思ってなかったですね。
切れるルーニーを尻目に終始落ち着いていたクリスティアーノ・ロナウドがちょっと好きになりました。


ブラジル0−1フランス
いやいやいや、まさか今大会がジダンの大会になるとは。
フランスが優勝できなくても、このジダンの活躍がイチバンの思い出になるだろうなぁ。
ブラジルの敗因は、
大会期間中に強いチームと戦えなかった不運がある気がします。
ガーナ戦まで4試合。半分以下の力で勝ってしまっていた。
そこにモチベーションマックス以上のフランスと当たってしまった。
後半、物凄い早いパス回しから怒涛の攻めが見られて楽しかったけど
気持ちで完全に負けてましたね。
そりゃあジダンがあれだけ走り回ってたら結束力強くなるわ。
ベストゲーム候補にまたしてもフランスの試合が入りました!


さーーーベスト4が出揃ったわけですが、
やっぱりチームとしての団結力が高い、素晴らしいチームだけが残った感じですね。
アルゼンチンは本当に惜しかったけど
ブラジルの敗退はそんなにサプライズじゃないかも。
個人力はダントツだけど、チームで点を取ったってほとんど記憶にないですもんね。
決勝は、イタリアとフランスが見たいな♪

posted by akasan at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

W杯決勝T1回戦雑感

鳥肌立ちまくり!

全部見たのは赤字。なんとなく見たのは青字。ハイライトのみは黒字


ドイツ2−0スウェーデン
いよいよ本物??
クローゼが絶好調でポドルスキも取れるってなってきたら
これはなかなか厄介ですなー。
ラーションほどのベテランがPK外すって、
改めてワールドカップの凄さを実感。

アルゼンチン2−1メキシコ
素晴らしい試合にしてくれたのは言わずもがなメキシコのおかげ!
クレスポの決定力(ボルヘッティヘッドだったけどそれも含めた)と
俺的ここまでのMVPマキシ・ロドリゲスの超絶ゴールにやられてしまったけど
この試合のメキシコには感銘を受けました。
美しすぎるオフサイドトラップと華麗なパス回しは
メキシコで盛んなルチャリブレを想像しました。
我等がセッキー(フロンターレ関塚監督)も言ってましたが
メキシコのサッカーには日本がお手本にできることがたくさん詰まってますね。
今大会ベストチームの1つでしょう!メキシコは!
それを破ったアルゼンチンももちろん凄い!

イングランド1−0エクアドル
エクアドル惜しかった!南米3位は伊達じゃない、と。
ルーニー走らされてたねぇw
創造性にかけるイングランド。この先きつそうです。
こういう時のベッカムFKはさすが!としか言いようがない。
守備もしっかりやるしね。
しっかし、ベッカムにしてもロナウドにしてもジダンにしても
レアル・マドリーがいかに機能していないかわかりますなぁ。
ランパード、しっかりしろい!

ポルトガル1−0オランダ
なんじゃこの試合は。。
ウイイレフレのハルさんも仰っている通り、
カードでしか試合をコントロールできない審判はいらん!ですよ。
個人的優勝予想だったオランダがここで敗退はいたいけど、
この試合を見てる限りどっちも優勝は無理ですなw
オランダは攻めのパターンが少なすぎる。
スナイデルのキックが最後まで冴えなかったのが残念。
同じ対戦だったユーロ2004の準決勝でもマニシェにやられてるんだよね。
どうやらファンバステン監督は2010年まで契約延長らしいので
より攻撃的な楽しいチームを作ってください!

イタリア1−0オーストラリア
王子キター!鳥肌立ったーー!
4年前の悪夢を自ら振り払ったトッティ!
あの状況でPKを決めて事ももちろん凄いけど、
グロッソの突破のきっかけがトッティの左足ロングパスだったこともお忘れなく!
それから攻守に献身的に走り回っていたペロッタもお忘れなく!!
デ・ロッシのことは忘れてよいw
どうしてもローマ贔屓の話になってしまいましたw
でもここまでのイタリアのMVPは何と言ってもカンナバーロでしょう。
ネスタ欠場の穴と、マテ兄貴のポカを見事にカバーしてます!
名将なのは物凄い認める!でも今回のオージーのサッカーは
あんま面白くなかったよー。ヒディンクさん。

スイス0−0PKウクライナ
あ〜あ。スイス負けちゃった。。
実はPK戦は寝ちゃったのは内緒ねw
この試合、お互い決定力不足だったことは確かだけど、
それよりも両チームの守備陣の集中力の高さを褒めてあげたい!
グループリーグで中心だったセンデロスをかきながら守ったスイス。
本職のDFが2人しかいなかったウクライナ。
どちらも立派でした!
自国開催となるユーロ2008はスイスが優勝候補じゃ!w

ブラジル3−0ガーナ
うーん。あんまコメント無いなw
でもロナウドのゴールは鳥肌立ったった!

スペイン1−3フランス
今大会ベストゲーム候補の筆頭!
正直、個人的にはあまり興味のない両チームだけど
めちゃめちゃ楽しかった!
特に前半の終了間際10分間くらいは目まぐるしく攻守が入れ替わり
鳥肌立ちまくり!
そしてやっぱりジダン!ジネディーヌ・ジダンヌ!w
もう言葉はいらないね。かっこよすぎです。
仕事の疲れも吹っ飛んで、目も冴えまくりw
グループリーグ1戦目と違ってリベリが落ち着いてたのも良かったね。
これでアンリが目覚めたらヤバイなw
あまり好きじゃないフランスだけど、ブラジルを倒しちゃってくれ!!
スペインもここまで完成されたチームに仕上がったことが驚き!
予選では監督の失言とか、プレイオフまで回ったりとか色々あったけど
中盤のパス回しからフィニッシュ直前までの流れは
クラブチームか?と思えるくらい見事でした。
この調子が持続できれば国際タイトルもあるね!
あと、イタリア人審判ロゼッティさんが良かったね。グッジョブでした!



さあさあさあ、エライことになってきたベスト8!
今日から2日間のお休みは見るほうにとっても嬉しいですw
仕事片付けて、週末はゆっくりじっくり見るでー!

posted by akasan at 07:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

W杯3順目雑感

はう。さっすがに寝不足寝不足w

こうも毎日サッカーがあるって、ホント幸せな地獄です。


あーなんか気の利いたコメントが書けてないw
posted by akasan at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー日本代表

ジーコ監督率いるサッカー日本代表の4年間が終わりました。

ジーコさんのことを好きか嫌いかということはもちろん抜きにして、
結果が全てのプロの世界、
この4年間の日本代表プロジェクトは失敗だったと言わざるをえないと思います。

2002年、日韓ワールドカップがベスト16。
2006年、ドイツワールドカップがグループリーグ最下位。
これが全てです。
自国開催の利はあるとしても、言い訳はできないでしょう。

今回なにより悔しいのは、
試合中、闘志を感じられる選手が少なかったこと。
ドイツ入りしてから、何か不思議なエアポケットに入ってしまったように見えました。
特にやはり中村俊輔ですよね。
個人的に大好きな選手の1人だし、スコットランドプレミアを経験して、
フィジカルの更なる向上を期待していただけに、
期間中の体調が完璧でなかったことは残念でありません。
体調管理はプロの基本中の基本。
本人が1番悔しいと感じているはずですが、プロとしては失格です。

対する中田英寿は、体を張って闘志を見せてくれたと思います。
誤解を恐れず言うならば、
ヒデにはJリーグに帰ってきてもらいたい。
その戦う姿勢とプロ意識を、実際のプレーでJの選手達に
普段から披露してもらいたい。
今後代表として戦うかどうかは抜きにして、
Jリーグに魂を注入してもらいたい。
Jの技術レベルは緩やかであっても確実に上昇してるとは思うのですが、
メンタル面で足りない部分があると思うんです。
(そういう意味で闘莉王は非常に稀有な存在だと思います。)
現実的には難しいと思いますが、ヒデがJで怒鳴っているところを見たいです。

ジーコさんに1つだけ言いたいこと。
ブラジル戦終了後、選手とサポーターを労うことなく、
ベンチ控え室に下がってしまったと聞きました。
これが事実であれば、悲しいです。
現場での別れの挨拶は必要だったのではないでしょうか。

日本サッカー協会や、ジーコさんや、日本のマスコミに対して、
言いたいことはたくさんたくさんあるけれど、
6.22ドルトムントを境にしてこれからは前を向かないといけません。

まずは監督ですね。

デシャン、ジャケ、メツ、そしてオシムと、
色々な名前が挙がっていますが、
どなたになろうと、1つだけ希望したいのは
日本に住んでほしいということ。
やはり日本の文化と、日本人の気質って独特だと思うんです。
そこをまずは理解していただきたい。
普段から日本人に接して、Jリーグを見て、
監督の持っているサッカー理念と日本の国民性を融合して、
日本のサッカー色をもっともっと強く出していってほしいです。

続いてサポーター。

今回埼玉スタジアムのパブリックビューイングに行って
初めて日本代表の応援に参加したんですが、
もちろん実際に目の前で試合をしていたら違うと思うんですけど、
Jリーグの試合のサポーターのほうが、
プレー理解度、応援のレベル、マナー、どれも数段上でした。

これは代表の選手にも言えることで、
試合の絶対数が全く違うということももちろんあるんですが、
サポーターのレベルアップも必要ですよね。
具体的にどうしたらいいのかって難しいんですけど、
まずはJの試合をたくさん見ること。
そしてスタジアムに足を運ぶこと。
ずっと海外サッカーを見ていて、
今年からJを見に行くようになった自分があまり大きなことは言えませんが、
スタジアムに行くと、サッカーの見え方が全然違います。
応援するフロンターレが好調だってのあると思いますが、
Jリーグってめちゃくちゃ楽しいですよ!
J1だけじゃなくてJ2も含めて、
身近でやってるプロリーグを見に行くべきです。

それからマスコミ。
代表と海外の日本人選手だけでなく、
Jリーグにもっともっともっともっと目を向けるべきです。

そして日本サッカー協会。
川渕さんの政策は、Jリーグ100年構想など、Jに関しては素晴らしいと思いますが、
代表チームの強化に関しては、ある程度手を引くべきではないでしょうか。
新監督の希望を100%に近い形で聞き遂げて、
広告会社やスポンサーの利権にとらわれず、
そして各年代ごとの連携を強化し、
より素晴らしい日本サッカーを作っていってもらいたいと希望します。


ここからは個人的な希望を。
フル代表の監督には、やはりオシムさんを推します。
ジェフのサポーターの方は心中穏やかでないと思いますが、
オシムさんのサッカー理念、実績、人間性、日本サッカーの理解度。
どれをとっても文句なし!
年齢と健康状態を気にする声もありますが、
65歳。まだまだ老け込む歳じゃないでしょう!
今年いっぱいはジェフとの兼任で、アジアカップから本腰を入れてやってもらう。
ただし、とても個性的な方なので、
サッカー協会の意識改革は絶対的に必要ですがね。

それから選手。
ゼロから考えて欲しい。
人材宝庫の中盤ですが、パサーだけではなく、
ドリブルのできる選手、ゴール前に飛び出せる選手が必要だと思います。
そういう意味では、ル・マンの松井、そしてフロンターレの中村憲剛。
他のポジションもフレッシュな顔ぶれを。
前線は、平山かな。
ディフェンスは、闘莉王。
この辺が中心になってくれると楽しそうですね。

自分自身も、もっともっとJを見て、
サッカー理解度を深め、今後の代表について
深く語れるようになりたいと思います。


最後に、
ドイツワールドカップ日本代表の選手の皆さんへ。
お疲れ様でした。
これからまた各所属チームに戻って、良いプレーを見せてください。
一度代表のことは頭から外して、サッカーを楽しんでください。
そしてもし再度代表に選ばれることがあったら、
気迫のこもった、闘う代表を見せてください。
お願いします。



おまけ
埼玉スタジアムパブリックビューイング
埼スタPV.jpg
応援がイマイチ噛み合わなかったり色々ありましたが、
トータルでは楽しかったです。イベント自体の感想ね。
スタジアムという異世界で迎えた朝陽はキレイでした。
posted by akasan at 05:37| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

マルクス(ノT-T)ノ

マルクス選手契約解除のお知らせ

意味わかんないよーーー
ワールドカップをずーっと見ていて
そろそろJの試合、フロンターレの試合が見たいーーって
思ってた矢先に、、なんだよそれ・・・

いやじゃーーーー

好調すぎたフロンターレにこんな爆弾が落ちるなんて。。
posted by akasan at 18:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こうなりゃ!

日本0−0クロアチア

うんうん。
確かに引き分けてしまったのは残念で仕方ないけど、
オーストラリア戦よりは戦う姿勢を見せてくれたと思っています。
オレは、ね。
だから不満は言いません!

今日のブラジル戦。
希望はただ1つ!
こうなりゃ攻めまくれ!
3トップでも、守備がボロボロでも、何点取られてもいいから、
攻めまくって攻めまくって
心に残るゴールを見せてくれ!
コスタリカのワンチョペや、
イングランドのジョー・コールや、
アルゼンチンのカンビアッソや、
メキシコのシーニャや、
チェコのコレルや、
韓国のアン・ジョンファンや、
サウジアラビアのアルジャバー
みたいなさ!

てことで、そんなゴールを見に
本日夜中は埼玉スタジアムに行ってきます!
雨など怖くないわ!


おまけ
最近Sarah BrightmanのA Question Of Honourばかり聴いてます。
テレ朝のサッカーの曲。
フルで聴くと、すごく良い曲ね!
最初、オペラ調?なところから入っていく感じがめっちゃ良い!
これ聴くとテンション上がりまくりでっす。
posted by akasan at 14:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

W杯2順目雑感

ほとんど家に帰ってないわけであります。
前回と同じ全部見たのは赤字。なんとなく見たのは青字
全然見られなかったのは黒字で。

ドイツ1−0ポーランド
寝ながら見た。眠りながら見たw
ポーランド脱落。残念。。
ラームがチェルシーへ21億円?ほえーw

エクアドル3−0コスタリカ
つよっ!
しかもファインゴール多いし!
コスタリカのユニがちょっと好きw

イングランド2−0トリニダード・トバゴ
噂のトバゴをフル観戦。
心のこもったプレーに感動。でもちと守りすぎだったかな。
イングランド相手には仕方ないか。惜しいカウンターもあったけどね。
ジェラードのミドルは
「そこフリーにしたら絶対やられるてー!!あーー、やっぱしw」
って絶叫w
ランパードの不調が気がかりね。

スウェーデン1−0パラグアイ
得点シーンは仕事に出ちゃったのでみられず。
ズラタンは好不調の波が激しいねぇ。

アルゼンチン6−0セルビア・モンテネグロ
どうしたセルモン!
サビオラ&メッシ祭り!
ここまでテンション上げちゃうと逆に決勝まで持つか疑問。
でもリケルメの黒子っぷりは素晴らしかった。
と、ちょっとだけ通っぽいコメント?をw

オランダ2−1コートジボワール
2点ポンポンって取って、これは!と思いきや、
いつものオランダの悪い癖が。90分集中力持続させい!
これでは優勝は無理です。

メキシコ0−0アンゴラ
メキシコのラポルペ監督に会社の同僚の女の子が萌え〜だそうですw

ポルトガル2−0イラン
友達の女の子がイランのカリミに萌え〜だそうですw
あれ、ハシェミアンだったっけか?w

チェコ0−2ガーナ
やっと、波乱!と呼べるような結果じゃないですか。
なかなか入らなかったガーナの2点目。
得失点差がどうなるか!

イタリア1−1アメリカ
サイテーな試合。
いつも見てきた人間として言う!
「デ・ロッシ!!しっかりせい!!ローマとアズーリの評判を落とすんじゃないよ!
ペロッタを見習い!あれだけ足痛くてもしっかり走ってさ!
そんなところまでトッティのマネしなくていいんだよ!
05-06シーズンのセリエAを見ていて、ちゃんと出来る子だって判ってるから厳しく言うよ!
ローマ戻ってイチからやり直しや!」

ブラジル2−0オーストラリア
う〜〜ん。まだまだまだまだ本調子じゃないブラジル。
木曜日もまだまだまだまだ本調子じゃありませんように。

フランス1−1韓国
この試合の時間。なぜか公園でボールを蹴ってましたw
韓国やるねーー。
ジダン次出停って・・・
フランスは好きじゃないけど、ジダンのプレーはまだ見たいぞ!

トーゴ0−2スイス
イタリアもオランダも納得できない試合運びをするなか、
オレはスイスを応援します!!
後半、ここぞというときに出てくるハカン・ヤキンに萌え〜w
スイスー韓国戦は熱いなーー!!

サウジアラビア0−4ウクライナ
ウクライナ激しいなおいw
まあでもスペイン戦のショックを払拭してくれたようでよかったよかった。
アル・ジャバーはどうしたーー

スペイン3−1チュニジア
後半入って、あーセスクとラウルだーーーって思いながら夢の中へw
ラウルっぽい得点を決めたようで。


さー今日から3順目。
決勝トーナメント進出チームが決まっていきますね。
寝不足不健康でがんがっていきましょうw
posted by akasan at 20:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。