2007年02月21日

ミザリー

チャンピオンズリーグのセルティック戦があまりにもツマラナカッタので映画の感想でも。

こないだ色々ザッピングしている時にWOWOWにチャンネルを変えた瞬間に始まってしまった映画「ミザリー」。
ワタクシ映画はあまり見ないんですけど何故かその時はそこでザッピングが止まりボーっと眺めていたらいつの間にかのめりこんでました。

<映画解説>goo映画より
−−−猛吹雪の中事故に遭い狂信的な読者と共に閉じ込められた人気作家の恐怖を描く、スティーブン・キングの原作を映画化したサイコ・スリラー。

それはそれは面白かったですよ。
これぞホラー映画って感じ。
ワタクシ映画も見ない上にホラーって一番キライなジャンルでそれは何故かって言うと怖いからとかじゃなくてストーリー意味わかんない物が多いからで「呪怨」とか「着信アリ」とかもう意味不明で辻褄合わないのが気持ち悪くてしょうがなくて見ないんですけど。
この映画こそホラー映画でしょう。狂信的な読者(キャシー・ベイツ扮するアニ−)が怖い怖い。
やっぱり一番怖いのは人間なんだってことを改めて思い知らされました。

後で気づいたこととして原作者のスティーブン・キングって言ったらワタクシの一番好きな映画の1つ「ショーシャンクの空に」もキング原作なんですね。
こんどキングの小説も読んでみようと思ったわけでした。

posted by akasan at 08:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | IMPRESSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。