2006年11月12日

全然ダメ

鹿島のアウトゥオリ監督がよく言っていますが、
「日本のサッカーには守備の文化が無い。」
まさにその通りの試合でした。

FC東京 5−4 川崎フロンターレ

前半終わった時点では3−1で勝ってたんですよ。
それがなに?この結果は。

今野のミドルや、ジュニーニョのボレーなどファインゴールもあったけど、
ほとんどの得点が守備のお粗末さから決まったゴール。
確かに点がたくさん入れば楽しいかもしれないけど、
もうちょっとさ、締まった試合を見せてくれよ。
4−1から逆転されるなんて、世界のフットボールシーンではそうそう起こることじゃないでしょ。
冒頭のアウトゥオリ監督のコメントは簡潔に書きすぎていて辛辣な発言に聞こえるかもしれませんが、
要するに『勝ちきるメンタリティーが無い』ってことなんですよね。
世界で戦っていくためには絶対に絶対に欠かせない要素でしょう。

そういう意味では大アンチのワタクシですが浦和レッズの今年の内容は素晴らしいと思います。
そこはやっぱりブッフバルト監督のドイツサッカーのメンタリティーが浸透してきたのかな。

フロンターレの超攻撃的エンターテインメントフットボールは大好きだし、
判定に泣かされた部分も確かにあったかもしれないけど、
それでも今日の試合内容は酷かったですよ。
アウトゥオリ、ブッフバルト始め、世界で結果を残してきている名将、名プレーヤーからもっともっと吸収してほしいと思います。
もちろん、イビチャ・オシム監督から学べることは多すぎるくらいたくさんあると思いますからね。

今後のJリーグ、そして日本代表。
お願いしますよっ!!

posted by akasan at 02:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。