2006年09月25日

ブイ〜〜〜〜ン

ワッキーの芝刈り機ではなくて・・・

Montella.jpg

ヴィンチェンツォ・モンテッラ〜〜〜〜〜
去年の10月以来、約1年ぶりのゴールですよ!

大きな武器である両翼、マンシーニとタッディを2人とも怪我で欠いてしまったローマ。
でもそんな心配を完全に吹き飛ばす4−0の快勝でした!
モンテッラのゴールは本当に嬉しい!
おまけにタッディに代わって右に入った19歳のロージがセリエA初ゴール!
昨シーズンから随所に良いプレーを見せていた若手が待望のゴール!
オカカもこの前ゴールしたし、相変わらずローマの若手は元気モリモリですw

あとはこのお方が本調子になってくれればですな。
↓真ん中の人ね。

tottimontella.jpg

てことで水曜日のちゃんぽんずりーぐ大一番に向けて、相手を偵察中です。
リーガエスパニョーラ「バルセロナvsバレンシア」
前半に素晴らしいワンタッチパスでバルサディフェンスを崩しビジャのゴールで先制したバレンシア。
うーむ。強いなw
後半開始早々イニエスタのゴールで同点に追いつき現在後半20分過ぎ。
どうなることやら。

にしてもビックリしたのは
この前にやってた「ビジャレアルvsサラゴサ」もなんとなく見てたんだけど
なんと、バルサバレンシアの途中経過が画面右下に出るではないですか!
現地の映像自体に入っちゃってるから仕方ないのかもしれないけど、
いや、仕方なくないだろ!勘弁してよWOWOWさん。


というわけで、
フォルツァ!フロンターレ!!!
posted by akasan at 06:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

相変わらずのサッカーバカ

3ヶ月ぶりくらいに土曜日におうちにいます。
徹夜明けですが。
14時からビール呑んでますw
やってられっか!

横浜FC−ザスパ草津をなんとなく見て、
渡辺一平さん、Jの解説は良いねぇなんて思い(海外リーグの解説はイマイチ)
夜の決戦(フロンタvsガンバね)に向けて寝ないように気張っております。
これから浦和vs清水!!
今日もJリーグが熱いねぇ!!
エスパルスガンバレよぉぉぉぉぉ!!!

前節ファンサカ史上最低の50fpってのを記録しましたw
posted by akasan at 15:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

ええ。愚痴ですよ。

くっそぉぉぉ。
昨日の夜、午前1時に帰宅してから見ましたよ2試合。
ナビスコ準決勝2nd leg!&ローマvsインテル!!
両方負けましたよ・・・

ナビスコの方は、延長後半ロスタイムに痛恨のハンドで与えてしまったPKを阿部ちゃんに決められ敗戦。
でも、すっごいすっごい試合でしたよ。
佐原vsストヤノフってのがあったので「良い試合」とは言えないかもしれないけど、断然今年のJリーグベストバウト候補だと思います。
両チームの気迫が最後まで真っ向からぶつかり合う、素晴らしい試合でした。

勝敗を分けたのはチームの柔軟性の差かなと思います。
8月30日から9月20日までの短い間に同じ相手と3回戦ったわけですね。
初戦が2−1で川崎、次が2−2のドロー。そして3−2で千葉。
基本的に同じフォーメーション、同じ戦い方だったフロンターレに対し、ジェフは戦い方を変えてきました。
そして3戦目前半のジェフは完璧な内容でフロンターレを叩きのめしました。
後半意地を見せて同点に追いつきましたが、試合は終始ジェフがコントロールしていたと思います。
そして運命の延長後半ロスタイム。
あれは、、、、、

間違いなくハンドですね。

本当に悔しい。ストヤノフと山岸と坂本はムキーーーー!!!
でもあれだけ気迫を見せて最後まで戦ってくれた選手を攻める気はもちろんありません。
ユースケの涙をずーーっと忘れない!
気持ちを切り替えるのはすっごく難しいと思うけど、早くも明日にはリーグ戦の大大大一番、vsガンバ戦があります。
現地には行けないけど、テレビの前で声を枯らして応援しますよ!



そしてローマ。
てかさーーー、インテルとか言ってさーーー、ずっこいよw
調子悪かったんじゃないのーーー?w
クレスポとかズラタンとかサネッティとかグロッソとか滅茶苦茶調子良いやんけ!!w
ベンチにフィーゴとかアドリアーノとかトルドとかいてさ、
あんなに良いフットボールされたらさ、
勝てるわけ無い!!w
タッディとマンシーニの故障は痛すぎる。痛すぎるよーーー!
まあでもまだ3節!
週末のパルマ戦を快勝して、CLのvsバレンシアに期待です!

もうホント、インテルずるいw


posted by akasan at 05:13| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

乖離

今日は2冊のフットボール本を紹介致します。

其の@

ベストシーントッティ.jpg

「サッカーベストシーン6 トッティ」
これはもう、マジでオススメとかではないですが(笑)トッティの魅力がたっぷり詰まった本です。
今現在、本当の意味でバンディエラと呼ばれるプレイヤーは、マルディーニとデルピエロとラウル・ゴンサレスとそして我等がトッティくらいですよね。
この4人の中でトッティが他の3人と決定的に違う点、それはチームがメガクラブでは無いという事です。
そんなローマに恐らく現役生活の全てを捧げることを決めたトッティ。
それだけでも大好きなんですが、彼の魅力はその人間らしさにあると思います。
色々と問題も起こすその性格ですが、ローマの人が彼のことを心底愛しているのはそういうところだと思います。
スター然としたところが全然無くて、隣のアンちゃん感覚でサポーターが普通に声を掛けられる親しみやすさを持っているそうです。

スーパープレーの解説から、精神面の幼さまで、良い所も悪い所もきちんと紹介している本。オススメです。



其のA

サッカー批評32.jpg

「サッカー批評32 日本サッカー批評」
ドイツワールドカップでの日本代表の惨敗について、総括、批評、している本です。
本当にこういう本を待ってました。
ワールドカップが終って2ヶ月経って、日本のサッカーシーンはすっかりオシム一色。
このタイミングでこそ生きる、素晴らしい内容です。
特に目を引く記事として、基本的に全部良いんですが、

・丸裸にされて迎えた6.12の悲劇
・土肥洋一が体感した代表の内実
・トルシエの語る「ジーコとオシム」
・田嶋幸三 戦後の述懐
・8.9国立デモの衝撃
・日本サッカーメディア批評

などでしょうか。
どの記事も、ジーコジャパンの反省とこれからの日本サッカーについて愛情たっぷりに批評されています。

この本の中で良く出てくる言葉に「乖離」があります。

  乖離(かいり)・・そむきはなれること。結びつきがはなれること。

ジーコと選手の乖離
日本サッカー協会とサポーターの乖離
代表ファンとJリーグサポーターの乖離
A代表とそれ以下の代表の乖離
海外メディアと国内メディアの乖離

こうした現実にほとんどの人が気づかないまま、また、論じないまま日本代表はドイツワールドカップを迎えてしまいました。
そして結果は、みなさんご存知の通りです。
この本は、そのことについて真正面からぶつかっていっています。
テレビや新聞ではなかなかできない内容を正々堂々と論じています。

失敗の原因を「乖離」という言葉一言で表すことはもちろんできませんが、要因の一つとしてこの言葉を上げることは可能だと思います。
「乖離」の対義語はなかなか難しいのですが、敢えて言うなら「融合」でしょうか。
これからの日本サッカーを成功へ導くための1つのキーワードになるかもしれません。

サッカーファンの全ての日本人の方へ、是非読んで頂きたい一冊です。

posted by akasan at 01:03| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ローマ熱が・・・

川崎フロンターレ3−4ジュビロ磐田

激しい雨の中、激しい試合になりました。
選手は本当によく戦っていて、熱い試合を見せてくれました。
負けちゃったなぁぁ。
我那覇2ゴール、ジュニ1ゴール。
普段なら完全な勝ちパターン。しかしジュビロは強かった。
福西、太田、川口にやられましたねぇ。
憲剛とマギヌンを外したうえでの敗戦で関塚監督に批判が集中するでしょうが、
これはもうしょうがない。
今後、この批判を跳ね返して結果を出していってもらいたいと思います。

そしてローマはセリエAの第2節、無事に勝利したようです。
「ようです」ってのは
フロンターレが負けてがっくり来ちゃって、
試合見てはいたんだけど、全然気持ち入らなくて、途中でうとうと・・・
まあシーズン開幕直後ってことで試合のレベルもテンポも決して高くないので
あんまり面白い試合とは言えないんですけど、
にしてもマイフットボールは完全にフロンターレを中心に動いています。
プレミアシップビッグカード2連チャンもチェルシー戦はほとんど見てませんし
ユナイテッドガナーズは今見てるけど、あんまり心動かされませんね。

気分転換のためになんか映画でも見てから寝るかなー。
posted by akasan at 01:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

一段落!なのか?w

仕事の方が一段落ついたらしく、
来週からはちょっとは落ち着くらしいんだけども
どうなるのでしょうか。

ってことでなんやかんやあって今日の等々力も結局断念。
次に見に行けるのはいつだろう。。。

まあゆっくり生テレビ観戦できるだけでも良しとしなくては。
と思っていたら、なんと中村憲剛とマギヌンが先発じゃない!
ターンオーバー?
水曜日にはジェフとの運命の2nd legがあってそれを睨んだものなのかもしれないけど、
にしてもいつも全力投球の関塚監督がリーグ戦でこんなことをするとは。
今野と原田にはこのチャンスをしっかり生かしてもらいたい!
ファンサカ的には痛いけどw

それから今夜はローマ戦ももちろんのこと
プレミアシップが大変なことに!
チェルシーvsリバプール!
マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル!
このビッグカードを同じ週にやるとは!
ビール何本あっても足りんぞーw
posted by akasan at 17:53| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

日本代表の障害

vsサウジアラビア
vsイエメン

どちらも見ていて胸が痛くなる試合でしたねぇ。
サウジ戦は、気温35度、湿度85%という聞いただけで逃げ出したくなるような環境。
イエメン戦はデコボコのピッチに薄い酸素。
この状況で、本当に選手はよく頑張っていたと思います。
我那覇が決めてくれたってこともあって、イエメン戦を見終わった後は泣きそうでした。

それにしてもムカツクのはサッカー協会ですよ。
水曜日にJリーグがあって、その週末に中東で代表戦があって、
3日後の水曜日に代表戦があって、週末にJリーグ。
もうね、アホかと。選手殺す気か、と。
こんな悪条件で戦わされているのに、サウジに負けただけで早速オシム批判をするマスコミって信じられない。

俺がジーコの手腕に魅力を感じなかったからオシムマンセーになっているわけではないし、オシムが監督になったから日本代表が強くなると短絡的に信じているわけでもない。
きっとこれからも結果はなかなかでない気がする。
でも、オシムの言葉にはやっぱり説得力があるし、選手の意識改革も進んでいるように見える。
日本サッカーの改革、というか原点回帰は始まったばかり。
もう少し温かく、協力的な姿勢で見守ってもらいたいものである。

で、そのために1番障害になりそうな人がいる。
「ジーコの解任考えた」
「ヒデ無視されていた」
ホント何考えてるの、この人。
なんで今更こんなこと言うの?
ジーコ時代の反省をするならもっとちゃんと分析して前向きなことを言いなさいよ。
ホントむかつくわー。

posted by akasan at 02:46| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

下を向かないで!

日曜日開催ナイス!ということで
参戦してまいりました等々力!

今シーズン3試合目となるジェフとの戦い。
もうね、ほんとジェフとの試合は
やってる選手達はもちろんだと思うけど、
見てる方もめっちゃくちゃ疲れますw

連戦連戦でさすがにいつもよりは走れてなかった両チーム(特にフロンタ)。
前半11分に必殺の高速カウンターからジュニのテクで先制し、
これは行けるか!代表組3人いないジェフには負けられんぞ!
と思って折り返した後半は完全にジェフのペース。
走りでも気迫でも押されてましたねぇ。

何度も何度もピンチを招き、相澤のナイスセーブとポストに助けられたりしながら迎えた後半30分。
恐れていたアウェイゴールが生まれてしまいます。
ゴール前で水野とパス交換した坂本のシュートを相澤が痛恨のキャッチミス。
このあたりから試合は荒れ模様に。
両チームの選手がピッチに倒れこむ場面が多くなります。
そして34分。ショートコーナーを受けた水野がミドルシュート・・・
これがフロンタゴールに突き刺さってしまいます。
一瞬何が起きたか判らなかったんですが、失点したことだけは確実。
しかし我らサポーター軍団は落ちこむことなく応援の声を強めます!

攻めまくるフロンターレ。
引きながらも中盤からしっかりプレスをかけて守るジェフ。
そして事件はロスタイム。
コーナーキックから飛騨がヘッドですらしたボールがボールが
ゴール前のジュニへ!一度はポストに嫌われますがもう一度押し込んで同点!!
更に攻めるフロンターレ。
ケンゴのフリーキックをゴール前で合わせようとした佐原と競ったストヤノフが交錯。
そして両者がぶつかり合い、そして両チームの選手入り乱れて乱闘状態へ・・
スタンドからはよく判らなかったんですが、結構長い時間混乱が続きました。
結局佐原が1発レッドで退場。
あとからテレビで見返してみると、ストヤノフが仕掛けてるようにも見えます。
このまま試合はタイムアップ。
後味が悪い試合になってしまいましたが、興奮するサポーターをしっかりなだめていた華族(川崎コアサポグループ)の皆さんはグッジョブです。

うなだれながらサポ席へ挨拶に来たフロンタの選手達。
サポーターは温かく迎えます。
ほぼ下を向いていた選手達。
でもね、下を向く必要なんてありません!
次、勝ちゃあいいのよ!
今日の試合だって、決して恥じる内容じゃなかったし!
全然大丈夫だよ!

1週間休んで、次はリーグの神奈川ダービー。
キツイ日程が続きますが、怪我だけはしないように選手達には頑張ってもらいたいです!

Mind-1! フォルツァ!フロンターレ!


「おまけ」
今日目立っていたのは、もちろん2得点のジュニーニョと、
攻撃に守備に大貢献した左WBのマルコン。
左足のクロスも独特なんだけど、守備も独特の上手い守り方をするのよね。
気迫も感じさせてくれるし、間の取り方も判ってるし、欠かせない選手です。

posted by akasan at 00:10| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。